虫歯ゼロを目指して気軽に相談できる歯医者を探そう

外科手術を行なう歯科

歯

大阪では歯や口の問題を解決するのは主に歯医者だと考えている人も多いようですが、口腔外科で歯と口の治療を施すことになることもあります。大阪の病院は、病院ごとでそれぞれの科の役割に若干の違いがありますが、一般的には埋没歯や顎関節症、口内炎や歯の炎症などについても診断を下し、治療を行なうことを専門にしています。大阪であれば歯科口腔外科を備える病院はたくさんあるため、自分の症状を元に歯医クリニックか口腔外科かを選択すればいいでしょう。大阪のような都市に住んでいると周囲に歯科クリニックや歯科口腔外科はたくさんあります。そのため、どこに通院した方がいいのか迷う方がでてくるようです。少しでも迷わないようにするためには、情報を整理することが大切になります。まずは、歯科クリニックと歯科口腔外科の違いから理解しましょう。歯科では主に、歯周病や虫歯などの治療を中心に行ないます。歯科によっては予防のための歯ブラシ指導や美容目的のホワイトニング・矯正を手がけているところもあるでしょう。歯科口腔外科は、歯科クリニックが行なう活動にプラスして顎関節症や口内の腫瘍などに関する診断や治療も行なうことがでます。また、街の歯科クリニックでは治療が難しいほど進んでしまった歯の病気に対しても歯科口腔外科が対応することもよくあります。たとえば、親知らずの抜歯の際でも埋没歯などの抜歯を行なうというような高度な手術技術が必要になるものは大阪でも口腔外科が行なうことになるでしょう。